かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
純米吟醸酒 発光路 強力

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.4

 

①お迎え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(東子)   さつき久しぶりー! 元気にしてた?

(さつき)  元気元気♪ 会いたかった~。

(東子)   鹿沼に初めて来たけど、のどかでいいね。

       窓からの景色がきれいで気持ちよかった~。

(さつき)  他にはな~んにもないけどね。

(東子)   またそんなこと言って。

(さつき)  今日は東子に話したいことがいっぱいあるんだ!

       美味しいお酒も用意してるから、楽しみにしてて♪

 

 

 

②かんぱい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき・東子) かんぱ~い♪

(さつき)  このお酒、鹿沼で育てられたお米で出来てるんだよー。

(東子)   あっ 美味しい!

口に含んだ瞬間は端麗辛口、だけど飲んだ後にはしっかり絶妙な風味の

       後味が残る・・・

(さつき)  さすが日本酒ソムリエは違うなー。

(東子)   まだ勉強中だって。

でもいつかはしっかり資格取りたいんだ。

(さつき)  東子はほんとにお酒好きだもんねー。

(東子)   好きなものを人に伝えられるようになれたらいいな~と思ってね。

 

 

 

③人形ブラたん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(東子)   さつき、このマスコットなに~? 可愛い!

(さつき)  え~可愛い? 変な人形でしょ~。

       そんなことより、東京ではどう?

(東子)   毎日毎日、仕事仕事でめまぐるしいよ。

       忙しいのも充実してて楽しいけどね。

(さつき)  そっか~。東子も頑張ってるんだ。

(東子)   さつきも元気そうでよかった。

       「田舎に帰りたくない!」ってずっと言ってたから、心配してたん

       だよ~。

(さつき)  最初は田舎だし何にもないし、帰ってくるの嫌だったよー。

       でも、美味しいものやきれいな景色、こだわりをもってものづく

       りをしている人と出会ったら、そんなにここも悪くないのかな~って。

(東子)   東京にも鹿沼にも、それぞれの良さがあるからね。

       ところでさつき、仕事もだけど恋愛はしてないの~?

(さつき)  全然だよ。あ~ぁ、良い出会いないかな~。

 

 

 

④酔いつぶれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純米吟醸酒 発光路 強力編 完

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.3

 

 

(舟岡さん) 強力は小山の杉田酒造さんに作っていただいているよ。

       お米のどの部分が日本酒になるか知ってるかい?

 

さつき右

え?使われない部分もあるんですか?

 

 

 

①美味しいお酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(舟岡さん) お米の中で日本酒になるのは「心白(しんぱく)」といわれる

       中心の部分だけなんだ。

       1粒のお米のうち、精米されて強力に使われるのは55%だけなんだよ。

(さつき)  半分ぐらいしか使われないんですね。

(ブラたん) 美味し~いお酒になるのに適したところだけ残して精米するんだよね。

(舟岡さん) そうだね。家で食べるお米の精米は数分で終わるよね?

       強力は精米だけでも3日かかるんだよ。

(さつき)  そんなにかけてるんですか?

(舟岡さん) 心白を壊さないように、ゆっくり丁寧に精米しているからね。

       それからお米を蒸かして、お酒になるためにアルコール発酵していくよ。

(ブラたん) 醸造っていうんだよね。

 

 

 

②酒蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(舟岡さん) 通常日本酒の醸造にかかる期間は20日程度なんだけど、強力は

       30日かけて醸造してるんだ。

(さつき)  時間をかけて丁寧に作られているんですね。

       お酒っていつ作るんですか?

(舟岡さん) 秋にお米を収穫して、寒さが増した冬に仕込むと美味しい

       お酒が出来るんだ。

(ブラたん) あったかいこたつで日本酒が飲みたいな~。

(舟岡さん) ははは。それからさつきさん、ここにも注目してね。

 

 

 

③注目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  お酒のラベルですか?

(舟岡さん) 実はこのラベル、強力米の藁と永野の大麻を使っているんだ。

(ブラたん) 永野でお米を育てて特産をラベルにも使っているなんて郷土愛を

       感じるね。

(さつき)  強力は地域のお酒なんですね。

(舟岡さん) そうだね。鹿沼のお酒をぜひ味わってほしいね。

(ブラたん) 帰ったら早速楽しもう~。

(さつき)  舟岡さんありがとうございました。

 

 

― 帰り道 ―

 

(さつき)  そうそうブラたん、週末東子が鹿沼に遊びにくるよ!

(ブラたん) 東子ちゃんって、東京の大学時代の友達だっけ?

(さつき)  うん。楽しみだな~♪

       そうだ! 東子お酒好きだから、そのときに強力飲もうっと♪

 

 

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.4へつづく

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.2

 

 

①訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラたん右

ここに発光路の強力に縁のあるものがあるんだな~。

 

 

さつき右

ここ、なに屋さん?

 

 

 

(ブラたん) 「船岡本店」さんは、120年以上前から続く老舗の酒屋さんだよ。

       こんにちは~。

 

 

 

②あいさつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(舟岡さん) やあブラたん、いらっしゃい。

(さつき)  こんにちは。

       私たち発光路の強力に行ってきたんですが・・・

(舟岡さん) それじゃあ、ぜひうちのお酒も飲んでもらいたいね。

 

 

 

③お酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  え?! お祭りと名前が一緒!!

(ブラたん) 舟岡さん! さつきに「純米吟醸酒 発光路 強力」のこと、

       教えてあげて~。

(さつき)  よろしくお願いします。

(舟岡さん) さつきさん、日本酒がお米からできるのは知っているかな?

       この「純米吟醸酒 発光路 強力」は、「強力(ごうりき)」

       という品種のお米が原料になっているんだ。

(さつき)  強力っていうお米があるんですね。初めて知りました。

(ブラたん) お米の強力と行事の強力、偶然の一致だね。

 

 

 

④偶然の一致

 

 

 

(舟岡さん) お米といっても食用と日本酒になる醸造用とでは違うんだよ。

       醸造には、デンプン質が多いお米が向いているんだ。

(ブラたん) 強力米(ごうりきまい)は凄いんだよね~。

(舟岡さん) 強力米は、今、日本酒の原料として最も使われている山田錦

       のかけ親なんだ。

(さつき)  かけ親・・・ですか?

(舟岡さん) 強力米と山田穂という品種をかけ合わせてできたのが山田錦なんだよ。

(ブラたん) そうそう。強力米はとっても日本酒造りに向いたお米なんだよね~。

(舟岡さん) その強力米のもみを5粒、たった5粒だけ手に入れることができたんだ。

(ブラたん) 強力米は鹿沼で育てているんだよね?

(舟岡さん) その貴重なもみを下永野の農家さんたちに託したんだよ。

       けれど、とても栽培が難しかったんだ。強力米は稲の背丈が

       とても高く伸びるからね。皆さんが試行錯誤を繰り返して2年、

       やっとお酒が作れる量まで栽培できたんだ。

(さつき)  お酒の材料が鹿沼で作られていたんですね。

(ブラたん) 他にもお酒と永野には深い関係があるんだよ~♪

(舟岡さん) ははは。ブラたん、それは強力米が日本酒になるまでの話のあとでね。

 

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.3へつづく

 

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.1

さつき右

Zzzz・・・ すやすや・・・

 

 

ブラたん右

さつきーーー!! いつまで寝正月してるの!!

 

 

(さつき)  ん~ お正月だしのんびりしたいもん・・・

(ブラたん) いいから起きて!早く着替えてー。

(さつき)  え~? お正月に朝からどこいくの?

(ブラたん) 「発光路の強飯式」だよ!!

(さつき)  ごうはんしき?

 

 

 

①当渡しの儀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) 上粕尾にある発光路の鎮守妙見神社の神事の後に行われている行

       事だよ。

       国指定重要無形民俗文化財になっているんだ!!

(さつき)  すごーい。

(ブラたん) 650年前ごろから続いてるっていわれているんだよ。

(さつき)  そんなに古くから!?

       どんなことをする行事なの?

(ブラたん) 神様を御馳走でもてなして、地域の平和を祈念するんだ。

       お・も・て・な・しだね♪

(さつき)  ・・・。

 

 

 

②この方は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  わあ!? この方たちは?

(ブラたん) 山伏と強力だよー。

       お客さんに口上を述べるんだ。神様からの注文だね。

       新婚さんには「子作りに励むように!」とか注文するんだよ。

       お客さん一人一人違ってこれがまた面白いんだな~。

(さつき)  あはは。神様の注文はユーモアたっぷりだね。

 

 

 

③首を抑える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  え~~~!なにしてるの?

(ブラたん) 「酒なら33杯、湯が5杯、強飯75膳がお定まり。

       1粒1菜の許しはないぞ」って高~く持ったお赤飯を

       力ずくで食べさせるんだ。

 

 

 

④山盛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) とってもありがたいんだからね~。

ところでさつき、この行事にゆかりのあるかぬまブランドが

あるの、知ってる~?

(さつき)  え?知らない! ブラたん教えて!

(ブラたん) も~しょうがないなぁ~。

 

 

純米吟醸酒 発光路 強力編 vol.2へつづく