かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
トマト編 vol.4

トマト編 vol.4

 

 



農産物のことを聞くならやっぱりここだよね!

 

 



お邪魔しまーす。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) JAかみつがでトマトを担当している中田さんだよ。

       トマトのこと、さつきに教えてください。

(さつき)  よろしくお願いします。

       鹿沼では、どんなトマトが生産されているんですか?

(中田さん) トマトにはたくさん種類があるからね、JAかみつがでは「麗容(レイヨウ)」が7割、「マイロック」

       が3割くらいかな。大玉で赤く酸味と甘みのバランスが良い麗容が多く栽培されているよ。

(さつき)  どれくらい採れるんですか?

(中田さん) 年間2190tが出荷されているよ。

(さつき)  すごーい! ここのトマトはどこへ行くんですか?

(中田さん) 主に首都圏の京浜地区の市場に出荷されるよ。

       出荷前には厳しいチェックがたくさんあるんだ。

(ブラたん) 一つ一つトマトをチェックするんだよね。

(中田さん) ここはトマトの選果場だよ。

       朝のうちに、トマト部会の農家さんからここへ運びこまれるんだ。

(さつき)  選果って、どんなことをするんですか?

(中田さん) 目視や一個ずつ機械の写真撮影で傷の検査をしたり、形や大きさから等級の判別をしているよ。

 

 



 

 

 

 

 

 

(中田さん) 皆さんへ美味しい、より鮮度の良いものを届けたいからね。

       収穫した当日に選果・発送をして、翌日の市場には流通しているよ。

(さつき)  こうやって新鮮なトマトが届けられているんですね。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  …ブラたん、寒い。

       規格外のトマトはどうなっちゃうんですか?

(中田さん) 大きさや形で規格外になったものは、直売所などで安く買うことができるよ。

       もちろん美味しさは同じだから、とってもお得なんだ。探してみてね。

(ブラたん) お得情報ゲット!

(さつき)  中田さん今日はありがとうございました。

(中田さん) またいつでも来てください。

 

 

 

― 帰宅 ―

 

 

今まで苦手で食べていなかったけど、

大切に育てている人や食卓に届けている人がたくさんいたんだね。

 

 

布施谷さんの栽培へのこだわりや、

選果場の皆さんが集中してチェックや箱詰めをしている姿が印象的だったね。

 

(さつき)  私みたいに苦手な野菜がある人ってたくさんいるよね。

       きっとそんな人たちも大切に作っている人たちを見たら、食べてみようって思うんじゃないかな~。

(ブラたん) そうだね。この美味しさをもっとたくさんの人に知ってもらいたいよね。

       そのために! もう一回味わっちゃおう~♪

(さつき)  もうブラたんの食いしん坊!せっかくいい話してたのに~。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマト編    -完-

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »