かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
さつき編 vol.2

さつき編 vol.2

 



広報さん、今日はどこへ取材に行くんですか?

 

 

(広報担当) 豊田さつき園さんへ行くよ。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



さつきを育てて50年、「ミスター鹿沼のさつき」こと豊田勝義さんだよ。

 

 

(広報担当) 豊田さん、今日はよろしくお願いします。

(さつき)  たくさん苗木がありますね。

(豊田さん) これはほんの一部だよ。さつきには3千以上の種類があるんだ。

(さつき)  そんなに種類があるんですね。

(広報担当) 鹿沼でさつきの栽培が盛んになったのは「鹿沼土」のチカラがやはり大きいですか?

(さつき)  研修で勉強しました! 鹿沼土って火山灰からできているんですよね。

(豊田さん) よく勉強しているね。鹿沼土は肥料分をほとんど含まず、通気性・保水性

       が高いのが特徴でね、これがさつきを育てるのにとても適しているんだ。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(広報担当) さつきの最大の魅力はどこですか?

(豊田さん) 枝、色、花の形が多種多様で、1本の枝から違う色の花を出すことがで

       きるんだ。それから、1年中青々とした美しい姿が見られるところかな。

(広報担当) さつきには品評会がありますよね。

       良いさつきの基準はどこで決まるんですか?

(豊田さん) 鑑賞や審査のポイントはいろいろある。

       花の色や形の美しさ、枝ぶり、葉が青々していること…

       それぞれに個性があって同じものは2つとないからね。

(さつき)  さつきの花って、何色があるんですか?

(豊田さん) 白・赤・ピンク・紫・黒・緑などがあるよ。

       中でもまぼろしの色と言われているのが「黄色」。

       1億円の値がつくと言われているよ。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  初心者でもさつきを育てられますか?

(豊田さん) もちろん。老若男女問わず、子供でも育てられるよ。

       自分の好きな色や形の花から始めると楽しいよ。

(さつき)  手入れが大変なイメージがあるんですが…

(豊田さん) みんな水やりが大変だと思うかもしれないが、「1日に1回」受け皿に水を

       たっぷりとあげれば問題ないよ。良く手入れをして、愛情を持って育てれ

       ば200年~300年長持ちするさつきもあるんだ。

(広報担当) 剪定は初心者には難しそうですね。

(豊田さん) 枝ぶりなどを考えると難しくなるから、最初は全体を丸くするだけでもい

       い。まずは枯らさないことを考えて、愛情を持って育てることが大切だね。

       それだけでもとてもきれいに見えるよ。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) さつきも育ててみたら?

(さつき)  おじいちゃんのさつきの世話、手伝ってみようかな。

(豊田さん) これから若い人にも、さつきの魅力をどんどん知っていってほしいね。

(広報担当) 豊田さん、今日はありがとうございました。

(ブラたん・さつき) ありがとうございました。

(豊田さん) いつでも遊びにきてよ!

 

(さつき)  ねぇブラたん。 正直、盆栽って難しくておじいちゃんたちの

       世代の人がやっているイメージがあるんだけど…

(ブラたん) そんなことないよ!

       若い人でも、さつきに情熱を傾けてる方がたくさんいるよ。

(広報担当) そうだね。

       よーしそれじゃ、次の取材に行くぞ~!!

 

 

さつき編 vol.3へつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »