かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
さつき編 vol.3 

さつき編 vol.3 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 髙木さつき園3代目の髙木譲司さんだよ。

 こんにちは。

(広報担当) 今日はよろしくお願いします。

(ブラたん) さつきったら、盆栽やさつきはおじいちゃんたちがやるものだって思い込ん

                      でるみたい。髙木さんみたいに30代で育てている人いるのにね!

(髙木さん)    ははは。そうなんだね。

       実は僕も高校3年生までさつきの手入れをしたことがなかったんだ。

(さつき)  どうしてさつきに魅かれたんですか?

(髙木さん) 花はもちろんだけど、木の美しさがとても魅力的だよ。

       なにより作っていて楽しいし、

       愛情を持って育てればそれに応えてくれるからね。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

(広報担当) 若手の生産者の方はどのくらいいらっしゃるんですか?

(髙木さん) 鹿沼さつき会には9人ほどいますよ。

       よく意見交換を行って、さつきの魅力を伝える活動を進めています。

(さつき)  さつきはどうやって育てるんですか?

(髙木さん)    畑で育てて、根洗いをして鉢に植えて販売しているよ。

       今は鉢の勉強をして、盆栽の販売も行っているんだ。

 



 

 

 

 

 

 

(広報担当) 目標はありますか?

(髙木さん) これからは自然木を育てて、盆栽に活かしたいと考えています。

       自然木は型がないところが魅力です。仲間と山々の木を見て、理想の自然

       木を探しお手本にして作っていますよ。

(ブラたん) いろいろなことに挑戦して、チョーせんねん(専念)してるんだね・・・。

(さつき)   ・・・。

(髙木さん) 家業を継いでさつきを育て始めてもう10年以上経つけど、

       奥が深くて一生勉強だね。

(さつき)  今日はとても勉強になりました。

(広報担当) 髙木さん、ありがとうございました。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

(広報担当) 若いのにとてもしっかりしていて「さらに道を究めていく!」

       という決意を感じる方だったね。

(さつき)  私なら家業を継ぐってなったら、いやになっちゃうよ。

(ブラたん) さつきの生産を凄く楽しんでいたよね。

       それがいいさつきを育てる秘訣なんじゃない?

(広報担当) やる気のある若い人が鹿沼にもたくさんいるね。

(ブラたん) これからきっと、もっと“鹿沼のさつき”を世界に発信できるよう

       になるよね。

(さつき)  え? ブラたん、さつきを世界に????

 

さつき編 vol.4へつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »