かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
NewKANUMAシリーズ編 vol.5

NewKANUMAシリーズ編 vol.5

 



そうだブラたん、帰りにお兄ちゃん家寄ってこうよ。

 

 



いいね! 賛成♪

 

 

(さつき)  こんにちは~。

(義姉さん) あら、さつきちゃん、ブラたん。 上がって上がって。

(ブラたん) おじゃましま~す♪

(さつき)  みんな元気かな~?

(義姉さん) ちびっこたちはお昼寝中なの。 暑い中走り回って、遊び疲れね。

       今ちょうど夕飯の準備をしていたのよ。 今夜はうちで食べていったら?

(さつき)  わーい! ありがとうございます。

       なにかお手伝いすること、ありますか?

(義姉さん) それじゃあ、夏野菜を使ってサラダ作るの手伝ってもらおうかな。

(ブラたん) さつきも、やっとトマト食べられるようになったしね~♪

(さつき)  ・・・ブラたんうるさーい。

(義姉さん) そこにあるトマトとキュウリを切ってもらえる?

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  あれ? ブラたん、このまな板・・・もしかして・・・

(ブラたん) あ、NewKANUMAシリーズだ!

(義姉さん) よくわかったわね~。

(さつき)  NewKANUMAシリーズについて勉強してきたところなんです。

(義姉さん) このまな板とっても使い勝手がいいのよ。

       毎日料理をするのが楽しくなるわ。

(ブラたん) 職人さんの逸品だもんね!

(義姉さん) 実はね、このまな板、さつきちゃんのお母さんからいただいたのよ。

(さつき)  え? お母さんから?

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

(義姉さん) 「これから家族のご飯を毎日作るんだから、長く使えるいいものを」って、

       プレゼントしていただいたの。

(さつき)  お母さんそんなことしてたんだ。知らなかった~

(義姉さん) 実際に使うこと。それから、長いこれからのことまで考えた贈り物なんて、

       素敵よね。

(ブラたん) まさに「木(気)づかいライフプロジェクト」な品だね♪

(お兄さん) ただいまー。

(さつき)  あ! お兄ちゃんも帰ってきた!

(ブラたん) ねぇねぇ早くご飯作ろうよ! お腹ぺっこぺこだよ~

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NewKANUMAシリーズ編 完

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »