かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
元祖 屋台最中編 vol.1

元祖 屋台最中編 vol.1

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あれ? 太鼓の音が聞こえるねー。

 

 



もうすぐ秋祭りだからね。 お囃子の練習をしてるんだよ。

 

 

(さつき)  鹿沼の秋といえば祭りだもんね♪

(ブラたん) 「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」は国指定の重要無形民俗文化財

       にもなっているよ。

(さつき)  そうなんだ。このお祭りってどれぐらい前からあるの?

(ブラたん) 始まりは戦国時代が終わり江戸時代になったころ、1608年まで遡るよ。

(さつき)  えぇ~!400年も前?!

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) 戦国時代の爪痕で荒廃していた鹿沼宿の復興が、今宮神社の再建から始まったんだ。

       でもその年は日照りが続いて、大旱魃に見舞われたんだよ。

       そこで氏子や地域の人が今宮神社に集まって、雨乞いの祭りを三日三晩続

       けたところ、激しい雷雨が起こったんだ。

(さつき)  雨が降って良かったねー。 秋祭りってもともと雨乞いが始まりなんだね。

(ブラたん) 雨の上がった夕べを「宵祭り」、次の日を「例祭」として鉾・榊を出して

       神様に感謝したのが今のお祭りの始まりと言われているよ。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  神様へ感謝を伝えるお祭りなんだね。

       歴史を知ったら、今から10月が楽しみ!

(ブラたん) 「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」は10月だけじゃないんだよ。

       7月の「縁故祭」で一番町(祭礼当番)の引き継ぎが行れるんだ。

       9月には、祭りに屋台を出す町が本祭りに参加することを神社に奉告する

       「ぶっつけ・奉告祭」があるよ。

(さつき)  知らなかったぁ~~。

(ブラたん) じゃあさぁ、さつき。

       「食べられる屋台」があるって知ってる??

(さつき)  え? 屋台を食べちゃうの?

(ブラたん) サクッッと、あま~い屋台があるんだな~。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台最中編 vol.2へつづく

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »