かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
さつきの舞編 vol.4

さつきの舞編 vol.4



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) ここで毎日5千食の給食が作られているんだ。

(さつき)   うわぁー大きなお鍋だねー。

(ブラたん) あれならお腹いっぱい食べられるだろうなぁ・・・

(さつき)   ブラたん、今日は給食を食べに来たんじゃないでしょ!

(ブラたん) おっとっと、そうだった。

       給食のメニューを考えている、栄養士さんに話を聞こう!

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(鈴木さん) ブラたん、さつきさん、こんにちは!

(さつき)   こんにちは! 鈴木さん、鹿沼の給食ではさつきの舞が

       使われているって聞いたんですけど・・・

(鈴木さん) はい。市内の小・中学生は、鹿沼産のお米を食べていますよ。

(ブラたん)  さつきの舞、美味しいもんね~。

(鈴木さん) 地元で育った美味しいお米をぜひ子どもたちに食べて欲しいですからね。

       でも給食に出る鹿沼産の食材は、お米だけじゃないんですよ。

       さつきさん、「さつきランチ」って覚えていませんか?

(さつき)   あ! 中学生のころ献立表にありました!

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (鈴木さん) 月に1回、さつきランチの日は鹿沼の特産物を使った

       メニューが出るんですよ。

(ブラたん)  さつきの舞はもちろん、かぬまブランドのいちごとかも出てるんだよね!

(さつき)    給食とかぬまブランドの関係って、これだったんですね。

(鈴木さん) 給食の時間の放送で「今日のいちごは、○○産のいちごです」と

        地元の食材が使われていることを伝えている学校もありますよ。

 (さつき)  自分の学校の近くで採れたものだと、身近に感じられますよね。

 (鈴木さん) そうですね。 給食を通して生産者の人に感謝の気持ちを

        もったり、地域に興味をもってもらえたらいいですね。

 (ブラたん)  やっぱり地元の食材はいいもんね~。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)   給食って美味しいだけじゃなくて地域の名産やいいところを

       知る勉強にもなるんですね。

(鈴木さん) 給食を通して子どもたちに鹿沼の良さを知ってもらえるような、

       旬のものを使った美味しいメニューを考えていきたいですね。

(ブラたん) 鈴木さん、これからも美味しい給食をよろしくね♪

 

 

― 帰り道 ―

 

(さつき)  地産地消って、地元の素材を地元で消費するっていうだけじゃないんだね。

       勉強になったり、地域のことをよく知るきっかけになったり・・・

(ブラたん) 美味しく食べて鹿沼を知れるなんて最高だよ♪

       あっっ!!!!

(さつき)  どうしたのブラたん?!

(ブラたん) 美味しい鹿沼の給食を食べてくるの忘れちゃった~・・・

 

 

 

さつきの舞編  ―完―

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »