かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
鹿沼そば編 vol.2

鹿沼そば編 vol.2

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)   こんにちは。今日はよろしくお願いします!

(赤羽根さん) やぁ、ブラたん、さつきさん、こんにちは。

        今まさにそばの収穫の真っ最中なんだ。ぜひ見て行ってね。

(さつき)   赤羽根 新さんは、そばを作ってどれくらいなんですか?

(赤羽根さん) もともと先代は麻を作っていたんだ。

        そばを作るようになって、20年になるよ。

(さつき)   鹿沼そばの特徴を教えて下さい。

(赤羽根さん) 在来種なので、粒が小さく量は取れないんだけど、香りと甘み

        と風味が良いのが特徴だよ。

(ブラたん)  美味しいそばを作るのは、とても大変なんだよね。

(赤羽根さん) そうだね。そばは、水にとても弱いんだ。種を蒔いてから水に

浸からないように水切りをするよ。芽が出てすぐ水に浸かる

と、とろけてしまって、2、3回蒔き直すこともあるんだ。

(さつき)   そんなにですか!簡単には育てられないと思っていましたが、

        毎日の管理が大変ですね。

(赤羽根さん) うまく芽が出ても、日に日に芽が倒れてしまうしね。苦労して

        育てて、美味しいそばが収穫出来たときは本当に嬉しいよ!

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

(赤羽根さん) じゃあ、収穫していこうか!

(さつき)   収穫はどうやるんですか?

(赤羽根さん) 昔は、すべて手刈りだったんだ。今はほとんどコンバインを使

        って収穫しているよ。そのあと、ハウスの中で天日干しするんだ。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)   わぁぁぁ~!たくさん採れましたね!

(ブラたん)  おそばが食べたぁ~い♪

(さつき)   もぉ~、ブラたんは食いしん坊なんだから!

        この実が美味しいそばになるんですね!

(赤羽根さん) そうだよ!ブラたん、さつきさんもぜひ自慢の新そばを味わっ

        てね。

(さつき)   はい!鹿沼そばをたくさんの人に食べてもらって、美味しさを

        知って欲しいですね!!赤羽根さん、ありがとうございまし た!!

(ブラたん)  またね~♪

 

 

-帰り道-

 

 

(さつき)   生産者の方がとても苦労して育てているのがわかったね!

(ブラたん)  そうだね!もりそばももちろん美味しいけど、香りと甘みをも

        っと感じられる食べ方があるの、さつき、知ってる…??

(さつき)   もりそばが一番じゃないの!?

(ブラたん)  じゃあ、それをさつきに教えてあげようかな♪

 

 

 

鹿沼そば編 vol.3へつづく

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »