かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
にら編 vol.3

にら編 vol.3

ブラたん

わぁぁぁ~にらがいっぱい♪

 

(根本さん)  ここがにらを栽培しているハウスだよ。

 

 

①にらハウス(サイズ調整済)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さつき)  にらって、こういうふうにできるんですか!?

(ブラたん) さつき、どうやってできると思ってたの~。

(根本さん) にらは、2年近くかけて株から育てていくんだよ。まずは1年

       目の3月に播種(はしゅ)をするよ。

(さつき)  播種って何ですか?

(根本さん) 苗作りのことだよ。そのあと11月頃まで株を育てるんだ。にら

       作りでは、株作りがとても重要なんだよ。

(ブラたん) 株に栄養を与えながら、休ませながら育てていくんだ~。

(根本さん) 夏は猛暑対策で日よけをして、雨にあたらないよう換気をしな

       がら栽培しているよ。冬は30℃くらいのハウスで保温栽培して

       いるんだ。

(さつき)  温度管理が大切なんですね。

(根本さん) そうだね。冬はあまり寒いと葉先がしおれてしまうんだよ。

(さつき)  この前、にらを夕方収穫しているのを見たんですが、朝は収穫

       しないんですか?

(根本さん) 良いところに気付いたね、さつきさん。

       冬は夕方の気温が落ち着いた時間に収穫するんだ。朝だと寒く

       てにらに水滴がついているからね。

(ブラたん) 夏は朝刈りなんだよね~。

(根本さん) 夏は時間が経つにつれて気温が上がってしまうから、早朝に収

       穫するんだ。次の年の1月から8月頃までが収穫の時期だよ。冬

       から夏で平均7回~8回刈り取りを行うんだ。

(ブラたん) 収穫したら、包装をして、集荷場に運ぶんだよ~。

 

 

 

②包装中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ブラたん) 集荷場に着いたら、この扉の中に入れられるんだ♪

(さつき)  扉??

 

 

 

 

③扉

 

 

 

 

 

 

 

 

④冷蔵庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(根本さん) ははは。冷蔵庫だよ。ここは7℃に保たれているんだ。

(さつき)  ここでも温度管理が大切なんですね。

(根本さん) そうだね。にらにストレスをかけないように立てて保存して

       いるんだよ。

(さつき)  美味しいにらの選び方はありますか?

(根本さん) 葉先までピンとハリがあるもの、葉が濃い緑色で肉厚なもの

       を選ぶと良いよ。毎年1月頃に最初に出荷される「一番刈り」

       は、太さがしっかりとしていて甘さも香りも格別なんだ。

(さつき)  特別美味しいにらがあるんですね!初めて知りました。

 

 

 

⑤にらの保存

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(根本さん) 冷蔵庫で保存するときは葉が折れないようにキッチンペーパ

       ーや新聞紙で包んで袋に入れて立てて保存すると良いよ。

       さつきさん、鹿沼のにらで、ぜひ!美味しいにら料理作って

       みてね!

(さつき)  はい!さっそく作ってみます!

       今日はとても勉強になりました。ありがとうございました。

(ブラたん) またね~♪

 

 

 

にら編  vol.4へつづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »