かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
麻編 vol.2

麻編 vol.2

ブラたん  わぁ~ さつき! 今年も麻がぐんぐん成長しているね!

       もう、さつきの身長を超えてるね。

 

さつき  ほんとうだね~

       なんだか、どこか外国を旅してるみたいな風景だね~

(ブラたん) ほら、あさ振興連絡協議会会長の白澤さんが、麻の収穫をしてい

       るよ!

①麻の収穫

 

 

(さつき)  この暑い中の作業は、とても大変そうだね!

(ブラたん) し・ら・さ・わ・さ~ん! こんにちは~

(白澤さん) いらっしゃい、ブラたん、さつきさん、久しぶりだね!

(さつき)  こんにちは 白澤さん!

       麻の収穫中おじゃましま~す。私、鹿沼が麻の生産量日本一だっ

       てことを初めて知って! すごいなって!

       それで、もっと鹿沼の

       麻のこと知りたくて…

(白澤さん) 麻のことに興味を持ってもらえてうれしいよ!

       麻はね、とても丈の高い植物なので、収穫できるまでに雨や風に

       倒されてしまうこともあるんだよ。今年は、大きな被害もなく、

       よく成長してほっとしてるよ。

(さつき)  収穫した麻はどうなるんですか?

(白澤さん) いま収穫している麻は、葉を落として丈を揃えた後、夕方には

       「湯かけ」といって、熱湯にくぐらせる作業が待ってるんだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

(ブラたん) 暑い夏に、「湯かけ」の作業は、キ・ビ・シ・イね~

       ダイエットになりそう~

 

(白澤さん) 湯かけした麻は、ときどきひっくり返しながら、4日間かけて自

       然乾燥させるんだ。まんべんなく乾燥させないと、ムラになって

       良い製品にならないからね!

(さつき)  うわぁ~、とっても手間がかかるんですね。

 

 

③麻干し

(白澤さん) いやぁ、まだまだ、(せい)()として出荷できるようになるまでには、

       いくつも作業が待っているんだよ。

 

麻編  vol.3へつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »