かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
麻編 vol.4

麻編 vol.4

収穫風景

ブラたん  白澤さん! 今日も麻の収穫作業ですね!

(白澤さん) 今日は県立鹿沼南高の生徒さんたちが、麻の収穫体験をしている

       んだよ。

(ブラたん) 高校生たち、がんばってるね!

(白澤さん) そうだね、日本一の麻の産地を守るためにも、若い人たちに麻づく

       りに関心を持ってもらいたいと思っているんだよ!

(さつき)  とっても素敵なことですね。種まきから体験してるんですよね?

(白澤さん) そうだね、私たちあさ振興連絡協議会のメンバーと一緒に、今年

       の3月に種をまいて、除草や間引きなどの作業をして育ててきたん

       だよ。

(ブラたん) 麻の葉を切り落とす麻切り包丁の扱いも上手だね~

(さつき)  高校生の皆さん、とっても頼もしいですね!

(白澤さん) そうだね、頼もしいね! 昔は収穫作業や加工作業は近所の麻農家

       同士で手伝いあってやってたから、こんなふうに大勢でにぎやかに

       やったもんだよ。

(さつき)  麻を刈る人、葉を落とす人、まとめる人、みんなそれぞれの作業を

       一生懸命やっていますね。

 

 

①行程

 

 

(白澤さん) みんな手際が良くなってきたね。収穫した麻を重ねていく束の量

       も、つかめてきたみたいだ。次の作業をする人のことを考えて、

       葉を落とす人が掴みやすいような量がいいね。

(ブラたん) 今日は、収穫・湯かけ・麻干しの作業をしたんですね。この後の加

       工作業も高校生たちは体験するんですか?

(白澤さん) もちろんだよ。今後は、麻はぎや麻引きをして、精麻になるまで

       をしっかり学ぶことになっているよ。そして、麻織物での小物づ

       くりにも挑戦してもらうんだ。

(さつき)  麻の織物…ですか?

(白澤さん) そう、あさ振興連絡協議会の婦人部のみんなで作っているんだよ。

       麻を椿の花や玉ねぎの皮などで染色して、バックやコースターなどを

       粟野地区の直売所やまちの駅 新・鹿沼宿でも販売しているんだよ。

(さつき)  わ~ 素敵なバック! 天然の素材で染色しているんですね。とって

       も優しい色ですね。高校生たちも、この麻の織物に挑戦するんです

       ね。私もやってみたいなあ~

(白澤さん) いま、麻を生産している農家は県内で13軒、そのうち市内で12軒

       になってしまっているんだ。今回、麻の栽培を体験している高校

       生たちが将来麻づくりに携わってくれるようになったらうれしい

       ね。

(さつき)  麻ってとても神秘的な植物ですよね。それに日本人の生活には、昔

       から関わりの深い繊維だということを今回改めて知ることができま

       した。日本一の麻の産地… 鹿沼の誇りをまた一つ発見しました。

       白澤さん、ありがとうございました。

 

集合写真

 

 

麻編  ―完―

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »