かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
焼きんとん編 vol.2

焼きんとん編 vol.2

 

外観

 

 

ブラたん  集合場所はここ!

       今日のおやつは紀州屋さんの「焼きんとん」に決まり~。

 

さつき  「焼きんとん」私も大好き! たまにお土産にもらうんだー。

 

 

(ブラたん) こんにちはー!

 

 

 

①紹介

 

 

 

(3代目)  やあブラたん、さつきさん、久しぶりだね。

(さつき)  泣き相撲シリーズではお世話になりました。

(ブラたん) 今日のおやつは焼きんとんにしようと思って♪

       高橋さんが考案したんだよねー。

(3代目)  もう今から50年くらい前になるかな。

       東京で修業した後鹿沼に戻ってきて、なにか銘菓になるものを

       つくりたくてね。

(ブラたん) 今では鹿沼の定番の銘菓だよね!

(さつき)  きんとんってどういう意味なんですか?

(高橋さん) 「きんとん」というと、お正月の栗きんとんなんかを思い浮か

       べる人が多いかもしれないけど、「きんとん」は「風味を大切

       に作った餡」の総称なんだ。

(ブラたん) 紀州屋さんのあんこ、美味しいもんね~。

(高橋さん) その餡を求肥で包み、最後に表面を焼いているよ。焼くことで

       求肥の香ばしさも出るからね。

(お客さん) こんにちは~。

(3代目)  おや、お客さんだ。ちょっと待っててね。

 

 

 

②ありがとうございます

 

 

(ブラたん) 今のお客さんお土産にするって言ってたね。

(3代目)  ちょっとした手土産に皆さんよく買っていただいているね。

       「お土産にして喜ばれたよ」とか「お土産にいただいて美味し

       くて買いに来ました」なんて言ってもらえると、本当に嬉しいね。

(さつき)  お客さんの声って嬉しいですよね。

(3代目)  お客さんと会話して、お菓子のことを知ってもらいながら売って

       いるのもうちのこだわりだよ。

(ブラたん) お店で高橋さんとした話が、焼きんとんを手土産に行ったお宅で

       土産話にもなるもんね。

(3代目)  市内をはじめ、遠くからも買いに来てもらっているよ。

       これから、お盆は大忙しだね。

       良かったら、作っているところも見ていくかい?

(さつき)  よろしくお願いします!

 

 

焼きんとん編 vol.3へつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »