かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
はとむぎ収穫

はとむぎ収穫

①風景

 

 

ブラたん右  さあ、はとむぎ畑だよ!

 

 

さつき  あっ! 農業生産法人かぬまの福田さんだ~ こんにちは~

 

 

②あいさつ

 

(福田さん) さつきさん、ブラたん、こんにちは!

(ブラたん) こんにちは~ 福田さん。今日ははとむぎの収穫ですね。

(福田さん) どうだい、よく育っているだろ!

(ブラたん) ええ、とても立派に育ってますね。農業生産法人かぬまで生産さ

       れているはとむぎは、栃木県の「リンクティ」として認証されて

       いるんですよね。収穫を迎えるまでには、苦労も多いんじゃない

       ですか。

(福田さん) そうだね。はとむぎは圃場を選ぶ作物なんだよ。水持ちの良い場

       所を好むんだ。夏に日照りの日が続くと葉がしおれてしまい、天

       気で収穫量に大きく影響が出てしまうしね。

 (さつき)  生産法人かぬまでは、どれくらい生産しているんですか?

(福田さん) 現在は約20ヘクタール生産しているよ。栃木県内では鹿沼市が初

       めて昭和56年に試験的に生産したんだ。

 (ブラたん) 県内で初めて生産したのが鹿沼なんですね。歴史を感じますね。

 

 

 

③拡大

(さつき)  これが、はとむぎの実ですね。

(ブラたん) さつき、気をつけて収穫のコンバインが来たよ!

(さつき)  わぁ~ すごい迫力! あっという間に刈り取られるんですね!

(福田さん) はとむぎの生産には、コンバインや乾燥機などの設備が必要だか

        ら大規模に生産し、効率よく収穫することも求められるんだよ。

(さつき)  福田さん、収穫したはとむぎはこの後、どんな風に出荷されるので

       すか?

(福田さん)  まだまだ、いろんな工程があるんだよ!

⑤行程

 

 

(さつき) とても手間がかかるんですね!

(福田さん)そうだね、収穫時は水分含有量が30%以上あるんだけど、1週間

      以上かけて乾燥させて、12%にするんだよ!

 (ブラたん)丹精込めたはとむぎ、どんな製品になっているんだろう?

 

はとむぎを使ったブランド品 へ続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »