かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
きびがら細工編 vol.4

きびがら細工編 vol.4

 

(さつき)   ひつじのほかにも種類があるんですか?

(丸山さん)  はい。最初に作られたものは何だったと思いますか?

(ブラたん)  えーと干支の犬とかかな?

(さつき)   ・ ・ ・。

(丸山さん)  実は、最初に作られたのは「鹿」なんです。

(さつき)   鹿沼の「鹿」ですね!

(丸山さん)  そうです。鹿を作ったのが始まりで、次の年、東京オリンピック(1964年)があった

        年なんですけど、その年の干支が龍だったことから十二支作りが始まったんです。

 

 

01きびがら細工

 

 

(ブラたん)  鹿と十二支のほかに、鶴と亀もあるんだよね。

(丸山さん)  縁起が良いですからね。

        どれもうちのおじいちゃんが作ったとは思えないくらい可愛いくて、私もびっくり

        したんですよ。

(さつき)   丸山さんがきびがら細工を継ぐきっかけって、何だったんですか?

(丸山さん)  小さい頃からよくおじいちゃんの工房には遊びに来てたんですよ。

        祖母が亡くなって、最初はおじいちゃんを元気づけるために、お手伝いのつもりで

        始めました。でも手伝いながらお客さんたちの話を聞いていたら、きびがら細工を

        途絶えさせてはいけないと感じました。

(ブラたん)  そこから修業が始まったんだよね。

 

 

DSC_1284

 

 

(丸山さん)  おじいちゃんの教え方は、「自分で学べ」「見て学べ」。

        おじいちゃんがいない隙に作りかけの細工を観察したりしましたね。

        3年は修業が必要と言われていて、おじいちゃんも私も必死でしたね。もうすぐ3

        年というところでおじいちゃんが亡くなったんですけど、お客さんやお世話になっ

        ていた方から、たくさん手紙をもらいました。

(ブラたん)  きびがら細工も青木さんもみんなに愛されていたんだね。

(丸山さん)  そうですね。やっぱりお客さんの声が1番嬉しいですね。

(ブラたん)  さつきマラソンの60歳以上の参加賞は、その年の干支のきびがら細工になってい

        るんだよね。

(丸山さん)  そうそう、旦那さんがさつきマラソンで集めていて、マラソンに参加できなくなっ

        てからは奥様が今度は自分が集めたいって連絡いただいたりして。箒きびの栽培を

        知ったおばあちゃんが「草むしりでも手伝うよ!」なんて言ってくれたりしたこと

        もありましたね。

(さつき)   嬉しいですね。

(丸山さん)  きびがらは時間が経つと飴色になってくるんですよ。

        手作りなので一つ一つ表情も違うんです。

 

 

③新旧比較

 

 

(ブラたん)  なんだか愛着も増してくるね。

        しっかり丁寧に編み込んであるから、長持ちするんだよね。

(丸山さん)  皆さんに大切にしていただいているのが嬉しいですね。おじいちゃんもいっていた

        ように、見た人がほっこりできる、そんなきびがら細工をつくっていきたいです

        ね。

(さつき)   丸山さん、今日はありがとうございました。

(丸山さん)  また来てくださいね。

 

- 帰り道 -

 

(さつき)   素敵な方だったね。

(ブラたん)  おじいさんの後を継いで、伝統を継承していくって並大抵のことじゃできないよ

        ね。こうやって鹿沼の伝統の技は引き継がれていっているんだね。

(さつき)   そうだね。ひと編みひと編み丁寧に編んでいる姿が印象的だったな。

(ブラたん)  きっと手に取るお客さんのことを考えているからだよ。

        さつきも鹿沼の魅力をたくさんの人に知ってもらえるように頑張ってね。

(さつき)   うん。作り手さんの気持ちも伝えられるようになれたらいいな。

 

 

きびがら細工編 完

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »