かぬまブランド

伝統と豊かな大地が育んだ「かぬまブランド」をみなさまに紹介いたします。

かぬまブランド推進協議会  
TEL 0289(63)2196  
スプレーマム編 vol.3

スプレーマム編 vol.3

 

さつき  あったかーい。

       菊の香りがほんのりするね。

 

ブラたん  お花がいっぱいだー。

 

 

①神山さん

 

 

(神山さん) こんにちは。

(さつき)  こんにちは!

       外はとっても寒いですけど、ハウスの中は暖かいですね。

(神山さん) ハウスの中の温度は、日中24.5℃にしているよ。

(ブラたん) それにとっても広いよね。

(神山さん) 大きなハウスは温度・湿度が管理しやすいんですよ。

(さつき)  何種類ぐらい育てているんですか?

(神山さん) 季節によって品種を変えながら、常に10種類ぐらいを育てています。

(ブラたん) さつき、上を見てごらん。

 

 

②空

 

 

(さつき)  わ~青空がきれい!日当たりがとってもいいですね。

(ブラたん) ガラスの天井なんだよね。

(神山さん) スプレーマムの栽培には、温度と湿度、そして日照時間が大切なんです。

       日の光をたくさん取り込めるように、ガラス屋根のハウスで栽培しています。

       土埃がついてしまうと光の入りが悪くなるので、洗って綺麗にしていますよ。

(ブラたん) さつき、スプレーマムの苗があるよ。

 

 

 

③苗

 

 

(神山さん) 植えたばかりのスプレーマムです。

       親株から差し芽をとって苗を作り、それから地植えします。

(さつき)  どれぐらいで大きく育つんですか?

(神山さん) 地植えから約3ヶ月で収穫になりますね。

       水はあげ過ぎても少なすぎてもいけません。

       様子を見ながら何日かおきにたっぷりあげています。

 

 

④パイプとひも

 

 

(ブラたん) 水は下からあげるんだよね。

(神山さん) 葉や花に水が掛かると、ダメージを与えてしまったり、病気になりやすくなります。

       水は根元からあげていますよ。

(さつき)  このオレンジの紐は何ですか?

(神山さん) 80~85cmまで成長するので、紐を格子状に張って茎が倒れないように支えて

       います。

 

 

⑤カーテン

 

 

(ブラたん) 大きなカーテン発見!

(神山さん) これは夏に使います。

       菊は昼に成長し、夜暗くなると花を開くんですよ。

       人工的に暗くするためのカーテンです。

(さつき)  夏の栽培は難しいんですか?

(神山さん) スプレー咲きは花付きの量が重要なんですが、熱帯夜が続くと品種によって花付き

       が悪くなってしまうことがありあます。

       夏スムーズに花を咲かせることが難しいしいですね。

 

 

⑥出荷前

 

 

(神山さん) 成長したスプレーマムは花が開ききる前に収穫し、規格に分けて選別します。

(さつき)  この後、集荷場などに運ばれるんですね。

(神山さん) 実は、出荷は収穫してすぐではないんです。

       この後、一晩水につけるんですよ。

(さつき)  そうなんですか?!

(神山さん) たくさん水を吸わせてあげると、鮮度を保った状態で皆さんの所に届けられます

       からね。

(ブラたん) まちの駅 新・鹿沼宿やJAの直売所で買えるんだよね。

       そうそう神山さん、スプレーマムは花持ちがいいのも特徴なんだよね。

(神山さん) 季節や環境にもよりますが、きちんと水を変えてあげれば、2週間は持ちます。

(さつき)  長くお花が楽しめるんですね。

       神山さん、今日はありがとうございました。

(ブラたん) また違う季節に、違う品種のスプレーマムを見に来ようかな。

       神山さんまたね~。

 

スプレーマム編 vol.4 へつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »